主婦必見!総量規制について

お金を借りるのも大変です

案内

安定した収入のある人はカードローン会社と契約してお金を借りることが出来ますが、専業主婦の場合、配偶者(夫)に内緒でお金を借りるのは至難の技です。
専業主婦なので自身に収入がありませんから、貸す方も慎重になるためです。
勿論、配偶者の同意があればカードローン会社とも契約してお金を借りすことが出来るようになりますが、ひとつ問題が出てきます。

 

お金を借りるには自制が必要

夫婦でカードローンを利用し始めた場合でもそうですし、配偶者がどんどんカードローンを利用した場合どうなるか。
残念ながら皆さん計画的に利用する人ばかりでありません。
使うことに際限が無くなり、また貸す方も審査を甘くして過剰に貸すなど、カードローンを利用しすぎて多額の借金を重ねてしまったり、多重債務で返済が出来なくなったりと多くのトラブルが発生するようになります。
そのため、借りる方と貸す方の両方で何らかの制限を設ける事が必要になってきたのです。

 

総量規制

そこで現れたのが、平成22年6月に行われた貸金業法の改正により出来た、総量規制という法律です。これにより借金出来る総額の上限が決められました。それは年収の1/3までです。
サラリーマンの場合は単純に年収の1/3ですが、夫婦で奥さんが専業主婦の場合は夫と合わせて、夫の年収の1/3がカードローン会社から借りることが出来る上限となったのです。
この借金しても返済出来る上限が年収の1/3と決まった根拠はよく分かりませんが、兎にも角にもこの総量規制により借金に一定の歯止めが掛かったことは大きな前進だと思います。

 

申請内容も変わりました

総量規制でカードローン総額は年収の1/3までと決まった訳ですから、カードローンの申請もより厳密になりました。申し込んだ人に対して、1/3の基準となる年収を証明する書類の提出が義務化されたのです。
サラリーマンなら務めている会社から年収を証明する書類を取り寄せる必要がある訳です。

 

1人で借りられる総額が決まってます

もともと幾つもあるカードローン会社ですが、実はカードローン会社は共同で個人信用情報機関を運営しており、個人情報を一元管理しています。
借りに年収300万円の人ならば、総量規制によりカードローンで借りる事が出来る総額は1/3の100万までです。
この場合、その人がカードローン会社Aで100万借りますと、次に別のカードローン会社Bに借金を申請してももうお金を借りることは出来ません。
カードローン会社Bは、その人が既にカードローン会社Aで総量規制上限の借金をしていることが先ほどの個人信用情報機関を通して知っているからです。

 

総量規制にも例外があります

ポイント

ここまでを見ると、全ての借金が年収の1/3までかと思ってしまいますが、実はそうではありません。例外規定があります。その例外規定の方が借りられる総額は大きい位です。
何を言っているのかというと、総量規制は簡単にいうとカードローン会社から借りるお金の総額ですが、それ以外はその対象外ということになります。
つまり、以下の内容は総量規制の対象外です。
・クレジットカードで支払いを行うショッピング
・夫婦ともに収入がある場合、1人では年収の1/3以上であっても夫婦でそれを上回る場合
・他社から借りているお金を1本化することを目的とした、おまとめローン(通常の消費者金融は貸金業者であり、一般的な個人抜け融資は総量規制の対象です)
・住宅ローン
・マイカーローン
・高額医療費や、緊急発生の医療費を目的としたカードローン
・その他

 

まとめ

カードローンには総量規制がありますが、銀行のカードローンやおまとめローン等の例外規定を上手に利用すれば、お金の返済も楽になる可能性があります。
計画的な利用とともに、出来るだけ早い完済を実現出来るよう、銀行や場合によっては弁護士に相談することをお勧めします。
(弁護士はネット上で無料相談を受け付けているところもあります)