信用情報機関(ブラックリスト)について

カードローン会社には横の繋がりがあります

カードローン会社は幾つもありますが、そのカードローン会社は全てある機関に加盟しており、情報の共有をしています。
それはお金を借りた人の個人情報です。一度でもお金を借りた人はその個人情報がある機関に登録されており、その情報は全てのカードローン会社が見ることが出来ます。
というより、お金を借りたいと申し込みがあれば、カードローン会社はその機関に照会して、申し込んできた人の個人情報を確認してからお金を貸してもいいかどうかを判断するのです。
簡単に言うと、ブラックリストに載っている人かどうかを事前に確認するということです。
色々なカードローン会社を渡り歩いてお金を借りている人がいますので、どうしてもカードローン会社の垣根を超えた情報共有機関が必要、無いと困る、という訳です。
そのため、別のカードローン会社に新規に申し込んでも、それまで他のカードローン会社での利用履歴は隠すことは出来ない、という事になります。

 

カードが使えない

そんな経験をしたことはありませんか?買い物をしてカード払いの手続きをしたら、このカードは使えませんと言われることがあります。
その場合は別のカードで手続きをお願いしてみますが、そこでOKならブラックリストには関係無いトラブルとなります。
そのカードでの限度額を超えていたりとか、カード情報が書き込んである磁気部分の読み取りエラーなどが原因で、カード会社に連絡することで解決策が分かります。

 

ある機関=信用情報機関

ビジネスマン

ある機関と言っても別に秘密の機関ではありません。個人信用情報機関と言われるもので、よく見るとカードローン会社の契約書にも書いてあるはずです。
個人信用情報機関とはいわゆる業界団体で、各々の業界が母体となっており共同経営により運用されています。
各々の業界とは、銀行・消費者金融・信販のことで、この違いにより信用情報機関も3つに分かれています。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC) :銀行・信金・信組・農協系の信用情報機関。
・株式会社 シー・アイ・シー(CIC) :クレジットカード会社、信販会社系の信用情報機関。
・株式会社日本信用情報機構(JICC) :消費者金融系の信用情報機関。

 

どんな情報が登録されているか

基本的には、お金を貸すときの審査に必要な個人情報です。大きくは3つに分類されます。
(1)利用者の個人情報:住所、氏名、生年月日、連絡先、勤務先など
(2)利用者の借入情報:契約商品情報(契約先名称とその利用限度額など)、契約日、借入金額、支払形態、返済回数、支払残高、次回返済日など
(3)利用者の事故情報:延滞(主に3ヶ月以上)、代位弁済、債務整理・自己破産、強制解約など。この部分がいわゆるブラックリストと言われるところです。
これらの情報が、全ての銀行やカードローン会社から照会することが出来るのです。
あなたがカードローン会社に借金を申し込むと、カードローン会社は例えば株式会社日本信用情報機構(JICC)にあなたの情報を照会して、この人にお金を貸して大丈夫かどうかを判断しているのです。

 

ブラックリストに載るとどうなるか

ブラックリスト、つまり利用者の事故情報に何らかの記録が残っている状態です。
延滞(主に3ヶ月以上)、代位弁済、債務整理・自己破産、強制解約などにより、対応が異なってきます。
・延滞 :いわゆる滞納です。本来は1日遅れでもNGですが、信用情報機関に登録されるのは2ヵ月以上の延滞があった場合となります。延滞は一度登録されるとすぐには消えません。
・代位弁済 :金融業者が借りている人からではなく、契約している保険会社に請求して返済を受けることです。
・債務整理・自己破産 :債務整理として、任意整理や法的整理を行った場合も当然その記録が残ります。自己破産などがそうです。
・強制解約 :カードローン会社などが、借りた人との契約を強制的に解約したことの記録です。こうなると今後この日とがカードローンを利用することは難しいでしょう。

 

携帯電話の料金滞納でもブラックリストに載ります

携帯電話

カードローンだけでなく、携帯電話の料金滞納があっても、ブラックリストに載ることになります。携帯電話の支払いは通話料だけではなく、携帯端末つまりスマホ代も含まれている場合が多いと思います。
スマホ代は分割払いで扱いとしてはカードローンと同じとなりますので、滞納があると信用情報機関に登録されることになるのです。これも2−3ヵ月の滞納で登録されてしまいますので注意しましょう。