家族に内緒で借りる方法

家族

家族に内緒でお金を借りるという状況はどんな事が考えられるのでしょうか。

例えば夫や妻のどちらかが相手に内緒でお金を借りる、つまり借金までしてお金が必要という状況とはどんな状況があるのでしょうか。
子供や家庭のことなら内緒にする必要な無いように思います。例えば冠婚葬祭で物入りがあっても、家族に内緒にすることはありませんね、普通。
生活費が足りないことも瞬間風速的にはあるかも知れませんが、妻が生活費を管理しているとして、不足分を一時的に補充することが夫には言いたくない、ということはまぁあるかも知れません。
母親が子供のために何か買おうと思っても父親が反対しているので仕方なくお金を借りる、という状況はありそうです。
夫が自分の趣味のために、或いはギャンブルのために妻に内緒で借金する。これはいかにもありそうです。

 

このように乏しい想像力からしても、幾つかの理由で家族には内緒で借金をするということは、無くはないようです。
家族に内緒にするからには、普通のカードローンは使えません。最近は光熱費もカード払いにしてポイントやマイルを貯めることは普通に行われています。
そこに意味不明の金額記載があると、一回位ならもしかしたら家族が気付かないこともあるかも知れませんが、実際にはすぐにバレると思ったほうがいいでしょう。内緒にならなくなります。
内緒にする方は多少でも後ろめたいものはあるでしょうから、家族には気付かれないようにいろいろ考えるはずです。そういう悪知恵?は大体皆さん持っているでしょう。
そこで出てくる考えは、親に借りる、ではありませんよね。ネットで調べれば家族に知られずにお金を借りる方法なんて、沢山見つけることが出来るのです。

 

具体的にいきましょう。家族に内緒でお金を借りる方法は確かにあります。
ただそれには多少の配慮も必要です。家族にバレないようにするには、逆にバレる理由を考えてみる必要があります。
大きくは次の4つの内容とタイミングです。つまりこれらを防ぐことが出来れば、家族に借金を知られることは無い、ということになります。

 

(1)申し込むと、自宅に確認の電話が来てバレます。
 これは確認の電話番号を自宅の固定電話ではなく、個人の携帯番号で申請することで解決出来ます。最近は固定電話の無い家庭も多いので、携帯電話での申請は問題はありません。
 尚、自宅の固定電話で申請しても、特に消費者金融はいきなり社名を名乗ることはありません。本人が電話に出たことが確認出来た段階で社名を名乗ります。そのような状況に配慮しているのです。

 

(2)申し込みの申請書や書類、申請完了後にはカードが自宅に届きます。また、申し込んだ金融機関から定期的に郵便物が送られて来てバレます。
 CMや街角広告でよく見かける消費者金融系のサービスは、郵便物が送られてくることなく利用することが出来ますが、銀行系のサービスでは郵便物を断ることは難しいようです。
 ただ、郵便物と言っても先ほどの確認電話の例でも分かるように、ひと目で借金が分かるような郵便物として送られてくることはありません。
 銀行系から送られてきた郵便物があっても、それだけで借金というイメージはありませんので、余り気にすることはないと思います。
 それでも郵便物は絶対ダメ、という人もいると思います。そう言う場合は、消費者金融系のサービスでメールのみによるネット完結型や、利用明細送付は不要等で申し込めば大丈夫です。

 

(3)返済が滞り滞納となることで、督促状が来てバレます。
 これはある意味仕方がありません。返済が滞った場合、いきなり督促状がくることはありません。まず携帯電話に確認の連絡がくるハズです。
 携帯電話で連絡が取れないと判断されると、自宅への電話確認や督促状が届くことになります。そういう状況にならないように、利用金額や返済計画をしっかり立てる。それしかありません。

夫婦

ただ、お金がどうしても必要となり、家族には相談しにくいので他からお金を借りる。そういうことは絶対ダメだとは言いませんが、簡単に消費者金融等で借金するのも考えものです。
一時期の言いにくい、知られたくないという気持ちも分かりますが、もし返済出来なくてどうしようも無くなった時、逆に家族に大変な迷惑を掛けてしまうことになります。

 

そんな例は少なくはありません。やはりまず家族と相談する、それでダメなら借金を考えるといって順番を守るということが一番重要なことだと思います。
借金に一度手を染めると、そこから抜け出すのはとても難しいことを実はあなたも気付いているのではないでしょうか。"